ポジション的なキャリアアップを目指す方法

看護師はキャリアアップを目指そうという声がけをされることもあるものの、一体キャリアアップとは何なのかと疑問に思う人もいるかもしれません。キャリアアップは大まかに2種類に分けることができ、ポジションの向上と専門性の獲得が挙げられます。これは看護師についても例外ではなく、どちらの方向性を選ぶことも可能です。どのような方向性が良いかは人によって違うので、希望に応じて適切なキャリア構築をしていくことが重要になります。

ポジション的なキャリアアップを目指す場合には、看護師長や副病院長などのキャリアを目標とするのが一般的です。現場経験が十分にあって人柄も良いことに加え、管理職としてのスキルを持っていることがポジションを上げるのには欠かせません。ただ看護師としての仕事をこなしていくだけでなく、自ら研修などで管理職としての心得を学ぶなどの努力をすることが必要です。また資格の取得もポジションの向上には良い効果があります。

一方、専門性の獲得という観点からキャリアアップをする場合にはいくつかの選択肢があります。最も大きなキャリアアップとして知られているのが専門看護師や認定看護師となり、高度な医療を施す現場で活躍できる人材になる方法です。専門としていきたい分野の資格を取得する方法や、研修に参加して認定を得る方法などもあります。また資格などがなくても現場経験を広く積むことでその分野に特化した人材となり、キャリアアップをすることも可能です。